【米国債】米国ゼロクーポン債をおすすめする理由!知らないと損!ノーリスク、維持費ゼロ、円安でメリット増加!

Image by Kevin Phillips from Pixabay投資道
Image by Kevin Phillips from Pixabay
この記事は約6分で読めます。
ジュリア
ジュリア

ねーねー。国債って知ってるよね?

ゼロクーポン債ってなんすか?

ケイ
ケイ

今まで、知らなかったことを後悔しちゃうかもよ!

でも、今知っといた方が、絶対にとくするからね!

ジュリア
ジュリア

なんですとーー!

早く教えてよー!

ケイ
ケイ

実は、ケイも最近そのゼロクーポン債を知って、

衝撃を受けてしまった一人だよ。

国債とは何か

ゼロクーポン債の前に、比較する国債のことをおさらいしておこう。

国債なら、日本の国債もあるけど、なにが違うの?と思うかもしれませんが、全然違うものです。

まずは、国債という金融商品の特徴を知っておきましょう。

国債の特徴

〇元本保証➡償還時金額が戻る:10年国債ならば10年後に購入金額が戻ってくる

〇半年ごとに利子がもらえる➡固定金利ならば決まった利子が半年ごとにもらえる

〇変動金利の国債なら、半年毎に見直される基準金利×66%の金利で利子がもらえる

〇最低金利を保証している➡2022年現在 最低保証金利:0.05%

〇中途解約可能➡1年経過後いつでも可能

国債は、元本保証の上、固定金利国債の場合、購入時に確定した利子(英語では、クーポン:以下、クーポンと表記する)が、もらえるというローリスクというより、ほぼ、ノーリスクの金融商品です。

変動金利の国債もあり、こちらの方が、おすすめできます。

例えば、日本の「個人向け国債変動金利10年」は、インフレに強い金融商品です。

半年毎に購入時に決められた利子が支払われるだけでなく、半年毎に基準金利が見直され、その基準金利に対して、基準金利×0.66の金利が支払われます。

しかも、最低金利0.05%が、保証されていますので、損はしません。

そして、10年後に償還期限が来れば、元本が戻ってきます。1年保有すれば、中途で解約も可能です。手数料をとられますが。

つまり、ほぼ、ノーリスクの金融商品と言える優れた商品です。定期預金よりもお勧めできます。

ただし、国債の格付けが高い国債に限ります。破綻するような格付けの低い国の国債は、ハイリスクなのでおすすめできません。

日本国債は、先進国中で格付けが高くないのですが、まず、破綻するリスクはほぼ無しと言っても過言ではないので、かなりローリスクの金融商品といっていいでしょう。

ただし、金利が低いのがデメリットです。2022年8月発行の適用金利は、0.0877%(税引き後)です。

もっと知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。個人向け国債の詳細が分かります。

では、次に本題の米国ゼロクーポン債についてです。

米国ゼロクーポン債とは何か

米国ゼロクーポン債を知っている人は、どれくらいいるのだろうか?所謂、米国が発行する国債であるが、日本の国債と同様の利付き国債とは別物です。

クーポンとは、利子のことを示し、米国ゼロクーポン債とは、クーポンがゼロの米国が発行する国債ということです。 

「ゼロポン、ゼロポン債」 とも呼ばれています。

えーーーー!クーポンゼロなのに、なんでおすすめなの? 」 って思いますよね。

それは、

額面金額より安く購入できるからです。

クーポンはゼロですが、償還期限を迎えたときに、額面金額分が返金されるので、その差額がクーポンの代わりになる仕組みです。

つまり、初期投資金額を少なくでき、償還時に額面金額が戻ってくるので、差額分がリターンとなる。

あんまり、お得感がないと感じた人もいるかと思いますが、では、実際の商品をみてみましょう。

例えば、この米国ゼロクーポン債は、残存年数が約20年で、額面の53.78%の金額で購入可能です。

年間利回りにすると、3.165%になることがわかります。

出所:SBI証券ウェブサイト
例えば、販売単位が、100米ドル以上なので、
この債券を100$分購入する場合 ➡ 53.78$で購入できます。
53.78$で買ったものが、約20年後に、100$になって戻ってくる。
100$-53.78$=46.22$のリターンが得られるということです。

ただし、実際は、ドルから円に交換した場合は、為替により増減があります。さらに、リターンに税金20.315%かかります。

参考単価は、償還年数が、短いものほど高くなります。つまり、割引率が小さくなり、お得感が低くなると考えれば、わかりやすいですね。

スポンサーリンク

米国ゼロクーポン債のメリット・デメリット

米国ゼロクーポン債のメリット・デメリットとは、

米国ゼロクーポン債のメリット

〇額面金額より割引された金額で購入可能

〇元本保証➡償還時に額面金額が戻る➡購入時にリターンが決まる

〇中途売却でキャピタルゲインも狙える:金利上昇→債券価格下落、金利下落→債券価格上昇

〇米国債は格付けが最高ランク ➡デフォルトのリスク略なし

〇流動性が高い ➡中途売却しやすい

〇償還期間が長いものほど割引率が高い ➡償還時まで保有すればリターンも大きくなる

〇購入時、保有期間に手数料が掛からない

米国ゼロクーポン債のデメリット

〇定期的なクーポンが得られない

〇短期投資には不向き

〇償還期間が短いほど割引率が低い➡償還時のリターンも小さい

まとめ

まとめ

〇米国ゼロクーポン債は、デメリットよりも、メリットの方が大きいと考えられる。

〇米国ゼロクーポン債に投資すれば、安定したリターンが確実に得られる!!

〇世界最高ランクの格付けの国債

〇日本の個人向け国債10年の2022年8月の適用金利は、0.0877%(税引き後)に対し

➡米国ゼロクーポン債30年の年率:3.165%(税引き前)

〇中途売却可能➡金利状況を見て売却してキャピタルゲインも狙える

〇流動性が高い、極めてローリスク

★無リスクの金融商品としてポートフォリオに追加する価値あり

他の金融商品にはない、米国ゼロクーポン債の実力を知っていただけたでしょうか。

メアリー
メアリー

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました