【最新版】JAマイカーローンをおすすめする理由!と実際申し込んでみた!

スポンサーリンク
おすすめ情報
Photo by Tyler Nix on Unsplash
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

JAマイカーローンをおすすめする理由:メリットとデメリット

JAは(農業協同組合)、いわゆる農協さんですが、金融サービスを担うJAバンクが提供するマイカーローンです。新車、中古車のご購入をはじめ、修理・車検費用などの購入費用に利用可能です。

JAバンクマイカーローン
出所:JAバンクウェブサイト
おすすめする理由:メリット

※2022年4月1日以降に申請した場合

〇金利が安い➡最優遇金利 固定金利1.6% ~3.1%:返済期間5年以内の場合

〇1.6%の最優遇金利を適用する条件➡組合員(准組合員)であること。審査に合格すること。

〇保証人不要 ➡保証機関が保障する:保証料年0.79%が1.6%に含まれている

〇手数料不要、繰り上げ返済も可能(ネットバンクを利用すれば手数料無料)

〇JAバンク口座を開設する➡出資金に応じた、配当金がもらえる(変動するが、2~3%ぐらい)

※准組合員になるには、最低1,000円出資金を払えばOKです。

※審査は、借りたい金額によって、当然、難易度も異なります。安定収入があるか、滞納履歴がないか、などなど、信用調査に合格する必要があります。

デメリット

○最低2回は店頭に行く必要がある➡但し、事前審査がネットで可能(支店が限定される)

〇審査に時間が掛かる➡支店によると思われるが、10日前後かかる

○居住地または、勤務地のJA支店に限定される➡有利な金利の支店であればラッキー

結論から言えば、メリットの方が多いというのが実感です。

スポンサーリンク

最も、注目すべきポイント

2022年4月1日からのマイカーローンの最優遇金利の条件が、大幅に緩和された。ということです。最優遇金利を適用できなければ、そんなに、お得感はなく、おすすめしません。

しかし、2021年3月31日までの条件をクリアするには、給与振り込み口座にするとか、JAクレジットカードを申し込むとか、公共料金支払い口座にするとか、投資信託などの商品を買うとか、最低2つ以上の条件が必要でした。

少々、難易度高い、めんどくさい、無理かも?という条件でしたが・・・・、

信用調査に合格することが、必須条件ですが、

2022年4月1日からの、新条件であれば、申請条件として、准組合員になるのみでもOK!

これなら、出資金1,000円程度で、ほぼ誰でもOKじゃん!という、大盤振る舞いな条件になりました。

実際に、窓口で申請したので、間違いありません。但し、農協は、全国各地に支店がが存在しており、各地域、支店ごとで、金利や条件が異なりますので、その点ご注意ください。

ちなみに、今回の支店は、神奈川県のJA湘南の場合です。もし、マイカーローンを検討中でしたら、自分の居住地かまたは、勤務先の地域のJAバンクの金利条件を調べる価値ありです。

念のため、ケイ(筆者)は、JAの回し者でも、農協職員でないことを誓います。

JAマイカーローンの金利はいくら?

JAマイカーローン2022年
JAマイカーローン2022年

これは、2022年3月31日までのマイカーローンのチラシですが、4月1日以降も同じということでした。

ご覧の通りで、返済期間が5年以内であれば、最優遇金利は、固定金利1.6%です。

審査に通らなければ、これより、0.56%プラスされた金利が適用され、1.6+0.56=2.16%になります。この金利であれば、ほかの地方銀行の方がいいかもしれません。

JAマイカーローンの金利はいくら?

返済期間が5年以内であれば、最優遇金利は、固定金利 1.6%

因みに、上記以外にも、変動金利のマイカーローンがありますが、住宅ローンをJAで組んでいる方専用のマイカーローンです。この場合の金利は、変動金利で1.668%と若干高いのであまりメリットが感じられません。

スポンサーリンク

変動金利でもよいという方は、横浜銀行のマイカーローンがおすすめ

横浜銀行の最優遇金利が適用されれば、変動金利0.9%!!です。固定金利ではありません。

来店不要で、全ての申請が完結可能といことで、JAバンクよりメリットが多いと思われます。

横浜銀行マイカーローン
出所:横浜銀行ウェブサイト

金利で選ぶなら横浜銀行マイカーローンが良いですが、変動金利ということに注意が必要です。

現在の世界情勢と、以前として収束しないコロナウィルスのことを鑑みた場合、固定金利のほうが安心感があります。そこも、JAマイカーローンをおすすめできる理由です。

ただ、日銀が、インフレ抑制施策で2兆円超の国債を買い入れを実施し、長期金利(1年以上の金利)の上昇を抑制するようコントロールしていることもあり、そこまで、神経質になる必要はないとも考えられます。

しかしながら、中国と台湾の関係や、北朝鮮の問題、日本における大地震などの自然災害発生リスクなどなど、地政学リスクや不安定要素が満載であることも事実です。

この辺りのことも考慮した上で変動でもいいんじゃないの?と判断すれば、横浜銀行のマイカーローンも、検討の価値ありです。

まとめ

おすすめする理由:メリット

※2022年4月1日以降に申請した場合

〇金利が安い➡最優遇金利 固定金利1.6% ~3.1%:返済期間5年以内の場合

〇1.6%の最優遇金利を適用する条件➡組合員(准組合員)であること。審査に合格すること。

〇保証人不要 ➡保証機関が保障する:保証料年0.79%が1.6%に含まれている

〇手数料不要、繰り上げ返済も可能(ネットバンクを利用すれば手数料無料)

〇JAバンク口座を開設する➡出資金に応じた、配当金がもらえる(毎年変動する2~3%ぐらい)

※准組合員になるには、最低1,000円出資金を払えばOKです。

※審査は、借りたい金額によって、当然、難易度も異なります。安定収入があるか、滞納履歴がないか、などなど、信用調査に合格する必要があります。

デメリット

○最低2回は店頭に行く必要がある➡但し、事前審査がネットで可能(支店が限定される)

〇審査に時間が掛かる➡支店によると思われるが、10日前後かかる

○居住地または、勤務地のJA支店に限定される➡有利な金利の支店であればラッキー

ジュリア
ジュリア

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。SEE YOU!!

メアリー
メアリー

よろしければ、応援バナーをポチっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました