【一生使える投資の知識】最強の株式指数NASDAQ100に連動するETFと投資信託10選は絶対必須!

投資道
Gerd AltmannによるPixabayからの画像
この記事は約11分で読めます。

NASDAQ100 (ナスダック100):NDXとは

NASDAQ100 ®(登録商標) は、米国のNASDAQ市場に上場している約3000社から、金融関連銘柄以外の時価総額上位の銘柄で、かつ、流動性が高い、100銘柄の時価総額加重平均によって算出される株価指数のことです。

実際は、2021年現在は、102銘柄で構成されています。表1参照

米国の株式インデックス(指標)には、S&P500やダウ平均などのインデックスが存在し、それらに連動するのインデックスファンド(投資信託)や、インデックスETFへの投資が莫大な額になっています。 

その中でも、最強のインデックスと思われるのが、NASDAQ100インデックスです。では、NASDAQ100とは、何なのか?本当に最強なのかを、見ていきましょう。

NASDAQイメージ画像
Photo by Meriç Dağlı on Unsplash

NASDAQ100 :NDXは最強インデックス

その中身を見てみると、アメリカを代表するというより、世界中で活躍する超グローバル企業であり、先端技術・情報通信技術関連の企業銘柄を中心として構成されていることがわかります。表1にNASDAQ100を構成する銘柄の時価総額トップ10を示しました。

 Symbol銘柄時価総額:USD
1AAPLアップル2,576,328,724,000
2MSFTマイクロソフト2,252,363,204,851
3GOOGアルファベット1,927,595,095,013
4GOOGL アルファベット
Class A
1,920,307,463,912
5AMZNアマゾン1,696,388,359,008
6FBフェイスブック1,050,609,604,408
7TSLAテスラ704,811,591,283
8NVDAエヌビディア565,900,000,000
9ASMLエースエムエル341,311,318,077
10PYPLペイパル327,046,698,310
表1.NASDAQ100 構成銘柄-時価総額上位10
出所:NASDAQ.comのデータから筆者作成

ちなみに、下表2は、2021年のNASDAQ100 を全102銘柄を1年トータルリターン順で並べ替えたリストです。また、トップ30の1年トータルリターンをグラフ化したものを図1に示しています。

新型コロナと、半導体不足の問題で、それらの関連企業のパフォーマンスが上位を占めていることが分かります。

 名前 1年 
1モデルナ466.34%
2クラウドストライク
・ホールディングス
137.96%
3アライン・テクノロジー133.50%
4ASMLホールディング ADR119.50%
5アプライド・マテリアルズ116.51%
6アトラシアン86.22%
7NXPセミコンダクターズ78.03%
8アルファベット75.81%
9アルファベット75.68%
10アイデックス・
ラボラトリーズ
74.04%
11ラムリサーチ73.78%
12CDW72.75%
13エヌビディア72.16%
14KLA テンコール64.39%
15インチュイト63.51%
16ミクロン・テクノロジー61.96%
17テスラ60.82%
18マーベル・テクノロジー
・グループ
60.37%
19メルカドリブレ58.20%
20シノプシス51.17%
21ザイリンクス48.96%
22ペイチェックス47.94%
23オートマチック・
データ・プロセシング
47.84%
24ケイデンス・デザイン
・システムズ
46.55%
25マイクロチップ
・テクノロジー
44.21%
26ブロードコム43.83%
27インテューイティブ
・サージカル
42.57%
28イーベイ40.80%
29シスコ・システムズ39.86%
30ドキュサイン39.73%
31アナログ・デバイセズ39.22%
32コパート38.78%
33Peloton Interactive37.36%
34ハネウェル・インター
ナショナル
37.27%
35ペイパル・ホール
ディングス
36.12%
36スターバックス35.44%
37Fox Corp Class A33.74%
38コムキャスト33.30%
39テキサス・
インスツルメンツ
32.78%
40エクセロン32.53%
41イルミナ31.24%
42チャーター・
コミュニケーションズ
31.11%
43マイクロソフト30.93%
44アドバンスト・
マイクロ・デバイセズ
30.22%
45CSX コーポレーション30.21%
46コストコ・ホールセール29.27%
47マリオット・インター
ナショナル
28.01%
48オライリー・オート
・パーツ
27.86%
49スカイワークス・
ソリューションズ
27.73%
50オートデスク27.59%
51アドビ・システムズ27.51%
52フェイスブック26.89%
53ロス・ストアーズ26.71%
54マッチ・グループ26.46%
55オクタ26.16%
56ウォルグリーン・
ブーツ・アライアンス
25.08%
57デクスコム24.29%
58Fox Corp Class B23.67%
59クアルコム22.55%
60バイオジェン・
アイデック
21.93%
61アップル19.06%
62メトロ PCS
コミュニケーションズ
19.03%
63バイドゥ18.81%
64プライスライン・ドット
・コム・インコーポ
レイテッド
18.52%
65フィザーブ17.75%
66シンタス17.31%
67ドクター・ペッパー
・スナップル
16.83%
68モンスター・ビバレッジ15.13%
69コグニザント・
テクノロジー・
ソリューションズ
14.11%
70ファステナル・
カンパニー
13.98%
71アメリカン・
エレクトリック・パワー
13.96%
72ズーム・ビデオ・
コミュニケーションズ
13.88%
73ペプシコ10.72%
74ワークデイ10.41%
75リジェネロン・ファーマ
シューティカルズ
10.07%
76ギリアド・サイエンシズ9.22%
77Seagen8.56%
78アンシス8.41%
79ルルレモン・アスレティカ7.55%
80インテル6.86%
81ネットフリックス6.69%
82ベリスク・アナリティクス6.50%
83クラフト・フーヅ6.14%
84ピンドュオドュオ6.09%
85セルナー5.55%
86シリウス・サテライト
・ラジオ
4.87%
87クラフト・ハインツ4.30%
88ベリサイン3.13%
89エレクトロニック・
アーツ
1.47%
90エクセル・エナジー0.07%
91チェックポイント・
ソフトウエア・
テクノロジーズ
-0.17%
92アクティビジョン・
ブリザード
-0.94%
93アマゾン・ドット
・コム
-1.53%
94ダラーツリー-4.05%
95JDドット・コム Adr-4.41%
96パッカー-4.90%
97Trip.com ADR-7.18%
98ネットイース-8.00%
99アムジェン-11.99%
100インサイト-19.40%
101バーテックス・
ファーマシュー
ティカルズ
-25.94%
102スプランク-29.65%
表2. 2021年のNASDAQ100 を全102銘柄を1年トータルリターン順
NASDAQ100_1年トータルリターントップ30_2020-2021
図1.NASDAQ100_1年トータルリターントップ30_2020-2021

ASML、アプライドマテリアルズ、などは、その業界の方以外には、あまり見聞きしたたことがない銘柄であると思いますが、半導体業界では世界トップシェアの企業です。

アップル、アマゾン、フェイスブック、アルファベット(グーグル)、マイクロソフト、テスラ、などなど、誰もが知っている大型グローバル成長企業が含まれています。

これを見ただけでも、最強インデックスであることが一目瞭然です。

でも、S&P500も同じように、 アップル、アマゾン、フェイスブック、アルファベット(グーグル)、マイクロソフト、テスラ は入っているよね?という声が聞こえてきそうですが、その通りです。

若干、組み入れ比率が異なりますが、同様の銘柄がS&P500にも存在しています。

S&P500は、500銘柄で構成されたインデックスで、所謂、上記のGAFA+Mの5銘柄で、その時価総額の23%を占めています。

しかし、残りの495銘柄のパフォーマンスの影響で、NASDAQ100インデックスの方が、トータルリターンが上回っていると考えられます。

また、2020年度の時価総額は、約15兆ドル(1650兆円)であり、成長性、将来性、規模、などの観点から見ても、最強と言えそうです。

https://www.nasdaq.com/ 米国ナスダックのウェブサイト

のレポートによると、2007年から2021年の13年間で、S&P500と比較して、年間トータルリターンで、11回上回っていると報告されています。

the Nasdaq-100 outperform the S&P 500 by a wide margin between December 31, 2007 and March 31, 2021. Below is a comparison of annual total returns – which reinvest dividends – between each index. The Nasdaq-100 TR Index has outperformed 11 out of the 13 years in our study.

翻訳文:2007年12月31日から2021年3月31日までの間にNasdaq-100がS&P500を大幅に上回っています。各インデックス間の年間トータルリターン(配当を再投資する)の比較。ナスダック100TR指数は、私たちの調査では13年のうち11年を上回っています。

引用元:Nasdaqウェブサイト
https://www.nasdaq.com/articles/when-performance-matters%3A-nasdaq-100-vs.-sp-500-first-quarter-21-2021-06-04

NASDAQ100連動ETF とNASDAQ100連動投資信託10選

上記のNASDAQ100を構成する個別銘柄すべてに投資することは、個人投資家では不可能に近いため、NASDAQ100指数に連動するETFや投資信託に投資することで、100銘柄に投資することができます。

また、最低購入金額は、ETFであれば、ざっくり、1万~4万円で、NASDAQ100を構成する銘柄に投資することが可能となります。

ETFのメリットデメリット

ETFのメリット
  • 保有期間の経費率が少ない ➡コストが投資信託より安い
  • 株式と同様に、市場営業時間内でに、指値、成行などのリアルタイムで売買が可能
  • 上場している投資信託であるため、分散投資が可能
  • 証券会社によっては、自動買付も可能
ETFのデメリット
  • 売買取引ごとに手数料が掛かる➡証券会社によって手数料が異なるため、要チェック
  • 基準価額より低い価格になることもある

投資信託のメリットデメリット

さらに、購入単価を抑え、コツコツ積立投資したいなら、投資信託がおすすめです。

投資信託のメリット
  • 購入手数料が安い➡無料の商品もある
  • 自動積立で投資可能➡100円から設定可能
  • 分散投資が可能
投資信託のデメリット
  • 基準価額が取引き終了後にしか分からない
  • 経費率がETFより高い

表3は、米国市場に上場するNASDAQ100と連動するETFと、日本市場に上場するETF、さらに、日本市場で購入できる投資信託をおすすめ商品を10個リストアップしたものです。

NASDAQ100に連動する金融商品の内、経費率、資産総額、トータルリターン、リスクの観点から選択したものです。

 米国市場NASDAQ100連動ETF資産総額
(億USD
2021/8/27
終値USD:
1年トータル
リターン
経費率売買単位
1QQQインベスコQQQトラスト・シリーズ11900.729376.0429.93%0.2%1
 日本市場NASDAQ100連動ETF資産総額
(億JPY) 
2021/8/27
終値JPY:円
1年トータル
リターン
経費率売買単位
21545NEXT FUNDS NASDAQ
100連動型
400.7917,06032.83%0.275%1
32568上場インデックスファンド
米国株式ヘッジ無
158.62,90212.86%0.275%10
42569上場インデックスファン
米国株式ヘッジ有
245.972,75218.79%0.495%10
52631MAXIS ナスダック100
上場投信
60.5512,110*12.94%
3ヶ月リターン
0.220%1
62632MAXIS ナスダック100
上場投信ヘッジ有
19.711,590*12.02
3ヶ月リターン
0.220%1
 日本市場投資信託資産総額
(億JPY) 
基準価額1年トータル
リターン
経費率売買単位
70331A211eMAXIS NASDAQ100
インデックス
162.6412,408*8.29%
3ヶ月リターン
0.440%100円
積立可能
82314208インデックスファンド
NASDAQ100
134.1413,104*8.28%
3ヶ月リターン
0.484% 100円
積立可能
94317188iFreeNEXT NASDAQ100
インデックス
343.719,89047.80%0.495% 100円
積立可能
1025316203NZAM・ベータ
NASDAQ100
17.8921,59145.49%0.440% 100円
積立可能
表3.NASDAQ100に連動するETF10選
出所:YahooJAPANファイナンス,モーニングスターのデータから筆者作成

まとめ

☆NASDAQ100は、S&P500を上回る最強の株式指数である

☆株式のように売買したい、経費を抑えたい派の方は、NASDAQ100連動ETF

☆少しでも購入単価を抑えながら、積立投資派の方は、 NASDAQ100連動投資信託

最後に、最終的な投資判断は自己責任でお願いします。

メアリー
メアリー

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。

他の記事もよかったら、どうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました