人生はサーフィンだ4

サーフィン@道
この記事は約3分で読めます。

サーフィンという道を志す

翌日、まだどこか魂が抜かれたような感覚がぬけきれないケイが、会社で先輩に昨日の出来事を話した。

先輩、昨日、オレ死にかけましたよ。マジで死にそうでした。

あんな波いくら何でも、てけてけのおれには無理っすよ。

「ちゃんと上がるときは、カレントを回り込んであがるんだぞ。さもなくば、アメリカあたりまで流されるからな。」って言ったやろ。

でも、ケイ、これでもう、デケーこと言えねーな。

ケイさん無事でよかったわー。まさか、そんなことになっているとはねー。わたしでも、昨日の波には入らない入らない。

ケイは、思い返すと、確かに海に入る前に忠告されていたことを思い出した。やはり、海に入る前に知るべきことが沢山あるということを知った。

海に入る前に、確認すべき情報があり、それらを頭に入れてから入らなければ、到底自然相手のサーフィンなどできないのだ、さもなければ、自然のまえにあっけなく餌食になるということを思い知らされた。

サーフィンというスポーツは、いやちがう、サーフィンという道(サーフィン道)は、海に入る前から自然との対話が始まっているんだ。

自然の力は、人間に容赦なく襲い掛かる。そして、人間なんて、あの強大で巨大な波のパワーを前にすると、蟻んこ以下なんだという思い知らされた。

しかし、波を理解し、自然のパワーを利用すれば、先輩たちのようにあの波を悠々と乗りこなすこともできるんだ、ということも、同時に理解した。

サーフィン道

サーフィンには、自然の力に逆らわず、自然のパワーを利用する、自然との対話と自分との対話が必要である。

いつか、必ずケイもそうなりたい、必ず波を乗りこなしてやると心に誓った。

海に入る前にチェック

サーフポイントの、地形を理解し、沖へ向かうカレントがどこにあるのか、今の潮の満ち引きの状態はどうなのか、タイドグラフを確認して、何時ごろ上げ潮(満潮)、引き潮(干潮)下げなのか、風向きはオンショアか、オフショアか、等々

ケイは、週末が待ち遠しくて仕方がなかった。仕事は、午前8時半から午後9時、10時は当たり前、多忙な時期には、午前0時を過ぎることもしばしばあった。

週末の金曜日なると、決まって午後6時までには、仕事を切り上げ帰宅の途に就き、翌朝からのサーフィンに備えた。ただ、サーフィンを初めて1か月目は、何をやっても乗れない状態で、ボードにまたがり、波待ちの状態のとき、バランスを崩して、ボードが空中に飛び上がり、ただ恥ずかしい思いと、悔しさだけがのこる日々が続いていた。

なんでだ、なんでなん?サーフィンって、ホンマむずいわー。

人生はサーフィンだ5につづく 投稿までしばらくお待ちください。

※このストーリーはフィクションであり、実在の人物、団体とは一切関係ありません。

——————————- 技術者募集 ——————————-
【企 業 名】株式会社ファンコミュニケーションズ
【概  要】「A8.net」を開発運用するアフィリエイトソリューションプロバイダー
     の株式会社ファンコミュニケーションズが業務拡大につき技術者を募集中。
【業務内容】A8.net/Moba8.netの企画・設計・開発・運用・保守など。
—————————————————————————-
タイトルとURLをコピーしました