【伝説の投資家】ジム・ロジャーズ氏も警告バブル崩壊に備えよ! 資産を守りたい人が絶対に読むべき本

投資道
この記事は約3分で読めます。

バブル崩壊に備えよ!資産を守りたい人が絶対に読むべき本

数週間前に当たる2021年2月15日に、1990年8月以来の30年6か月ぶりに日経平均株価が、3万円超えを記録したことが話題になったのも束の間、2月25日のニューヨーク株式市場で、NYダウ工業株30種の平均株価が、550ドル以上の大幅下落した。

いよいよ、バブル崩壊が始まるのか?と米国資産を保有している方は、不安を抱きつつあるのではないでしょうか。ケイ(筆者)もその一人である。(ケイの場合は、資産と言えるほどの額ではないので大げさかもしれませんが。)それでも、貴重な財産を減らしたくないと思うのが人情ではないでしょうか。

そんな方に、是非ともおすすめしたい本が2冊あります。金融リテラシー:金融に対する正しい知識や判断する能力を高められます。また、前述した、2021年にバブル崩壊するのか?もしそうなるとすれば、資産を守るための対応策は?これから、日本株式や米国株式に投資し続けて大丈夫なのか?などなど、これらのことに対しての予測やその対応策が記されています。

伝説の投資家ジム・ロジャース氏の著作本であります。

【お金の流れで読む日本と世界の未来】

ジム・ロジャーズ著

お金の流れで読む日本と世界の未来

2019年に第1版第1刷:PHP新書

その予言の中身が衝撃的で、米国のバブル崩壊が必ず起こる。しかも、2020年のどこかで・・・。しかも、史上最悪の世界恐慌とある。

COVIT-19パンデミック以前に書かれたものですが、結果的に、2020年3月に世界的に株式大暴落が発生した。その後、持ち直して過去最高値を更新する。

COVIT-19に関しては、さすがにこの著作時点では想像もしていなかったでしょうが、結果的に、一時は世界的に大暴落したことは、的中している。だが、2020年に世界恐慌とまでに至ってない。2021年のどこかで起きるのか?

これまで、リーマンショックやトランプ大統領が当選すること、など、過去の歴史から世界の未来を予見して投資行動に移している、ウォーレン・バフェット氏、ジョージ・ソロス氏と共に、世界3大投資家と呼ばれる、伝説の投資家 ジム・ロジャーズ氏が記したこの著書は、さらに、衝撃的な内容満載です。

この著書のなかで、最も、衝撃をうけたことは、日本は近い将来、消滅する。と断言していることです。借金が世界の先進国の中で、ダントツに多い。子供が減少している。移民を受け入れない。歴史上このような国は、必ず破綻している。

そして、破綻を回避するためには、その先に復活するためには、どうすればよいのかなど、日本に対して、様々な助言が記されています。非常に興味深い内容です。

その助言の中で、エンジニア出身のケイの心に最も刺さった内容を紹介します。

日本ほどクオリティに対して「抑えがたい欲望」を持っている国は他に思いつかない。その姿勢こそが、日本を偉大な国にしたと言える。

価格競争に走ってはいけない

かの大英帝国も価格競争によって敗れた

お金の流れで読む日本と世界の未来 p72,p75,p77

日本は、エンジニア育成に国費をもっと投じる必要がある。現在中国では、日本の十五倍ほどの人数のエンジニアを輩出しており、それが、国力の源泉になっている。

お金の流れで読む日本と世界の未来 p87

他にも、多数の興味深い内容が満載されています。そして、2021年にも、コロナウィルスパンデミック後に著作した本:大転換時代 ジム・ロジャーズ著も必ず読むつもりです。

日本と世界の未来について、そして、お金の教養のために絶対おすすめですよ。

お金の流れで読む日本と世界の未来
メアリー
メアリー

興味がある方は、ぜひ読んでみてくださいね。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました