【一生使える投資の知識】米国高配当ETF(SPYD,VYM,HDV)を比較する#めざせFIRE!

投資道
この記事は約11分で読めます。

人気のある米国のインデックスETF(上場投資信託)

2021年11月時点で、米国市場に上場しているETFは、約2,700本も存在しています。多すぎて、どれを選べばいいの?って思う方も多いですよね。みんな同じです。正解は、各個々人により異なります。

ジュリア
ジュリア

どれを選べばいいの?多過ぎて選べないぞ!

ケイ
ケイ

だよねー!

ケイも正解はわからない!だから比較するのさ。

今回は、高配当株式ETFから、3つをピックアップしてみたよ。

米国の株式インデックスであるS&P500、ダウ工業株30種平均や、ナスダック100等のインデックスに連動するETFが、人気も実績もあるETFとして有名です。

国内ETF、海外のETFのことをもう少し知りたい方は、こちらの記事もどうぞ👇

【一生使える投資の知識】初心者におすすめETF銘柄はこれだ!国内ETFと外国ETF 10選 (東証上場のETF)

【一生使える投資の知識】海外ETF(VT,VOO,SPY,QQQ)のおすすめ10選はこれだ!

例えば、S&P500に連動するETFでは、 SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF(SPYD) 、バンガード S&P 500 ETF(VOO) など、NASDAQ100インデックスと連動するETFとしては、 インベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ET(QQQ) などが、その代表的なETFです。これらは、ほんの一例に過ぎません。

数あるETFの中でも、【SPYD】や、【VYM】などの高配当株式ETFというものが存在しており、下表に示す通り(SBI証券の人気ランキングによる)、人気ランキングの常連になっています。

☆人気のある米国ETF
1SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF(SPYD)
2バンガード S&P 500 ETF(VOO)
3バンガード 米国高配当株式ETF(VYM)
4バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)
5SPDR S&P 500 ETF TRUST(SPY)
6インベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ET(QQQ)
出所:SBI証券ウェブサイトデータから作成 2021年11月
Amazonギフト券がもらえる!【もらえる電気】

FIRE(ファイアー)目指している人にとって、これらの高配当ETFが必要なのかも合わせて検証していきます。FIREとは、経済的に自立して、早期退職して自由なライフスタイルを実現することを指します。海外では、FIREムーブメントという現象が若者の間で流行しています。

もちろん、それFIREを目指していない方にも有用な情報になるはずです。

FIREについてもっと知りたい方は、下記の記事も参照してください。

【FIREとは】セミリタイア,早期退職,アーリーリタイア,伝説の投資家ジム・ロジャーズもアーリーリタイア

ポートフォリオに米国高配当株式ETFをトッピングする

投資戦略として、上述のインデックスETFを、ポートフォリオのコアにしている方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、コア・サテライト戦略とは、例えば、コアの部分は、安定したリターンが期待できる投資対象とし、残りを、攻めの投資対象に設定するという考え方の投資戦略のことです。イメージ的に示すとしたら、下図のようなイメージになります。

一般的な例では、コア:サテライト=7:3 や、8:2などの割合とし、コア部分には、インデックスファンドやインデックスETFに配分し、サテライト部分に、高めのリターンが期待できるETFや個別株式等に配分する。といった感じです。

コア・サテライト投資戦略イメージ図
コア・サテライト投資戦略イメージ図:筆者作成

配分割合は、個人の投資戦略により変更するべき項目です。コア部分、サテライト部分も各個人によって様々なパターンになるでしょうから、決まりはありません。

これらの高配当株式ETFをサテライトの部分に加えることで、コアの部分で安定的なリターンを得ながら、サテライトの部分でよりハイリターンを狙い、トータルリターンを高めるという戦略になります。

ということで、これらの高配当株式ETFに焦点を当て、比較分析し、似たような高配当株式ETFのメリットとデメリット、異なる点について等について、検証していきます。

米国高配当株式ETF3選 【VYM】,【SPYD】 , 【HDV】

高配当株式ETF は、類似したETFが複数存在しており、どれがいいのか迷いますね。そこで、米国の高配当株式ETFのなかで、人気の下記3本のETFの特徴と内容を確認します。

【VYM】 :バンガード・ハイディビデンド・イールドETF ➡米国バンガード社が運用

【SPYD】:SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF➡ステート・ストリート社が運用

【HDV】:iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF➡ブラックロック社が運用

【VYM】バンガード・ハイディビデンド・イールドETF(米国高配当株式ETF)

VYMは、バンガード社が運用し、FTSEハイディビデンド・イールド指数に連動する投資成果を目指しているETFです。

FTSEハイディビデンド・イールド指数 とは、米国株式市場に上場する株式のなかで、高配当利回りの銘柄で構成される時価総額加重平均型の株価指数です。*RIET(リート)は除外されています。

【VYM】バンガード・ハイディビデンド・イールドETF(米国高配当株式ETF) の基本データは、下表の通り。

【VYM】の特徴

  • 410銘柄に分散投資している➡3本中で最大の銘柄に分散投資している
  • 経費率0.06% 3本中最低コスト➡VYM>SPYD>HDV
  • 投資セクター➡金融・生活必需品・ヘルスケアセクターに(約50%)その他幅広く分散
  • 2006年から運用➡3本中で最長の運用実績がある
  • 純資産総額が3本中最大➡4兆円を超える。SPYD:約6千億円,HDV:約8千億円
ファンド名バンガード・
米国高配当株式ETF
上場市場NYSE Arca
TICKER
(ティッカー)
VYM
銘柄数410
純資産総額
2021/11/20
40.478(10億USD)
約4兆6千億円

(114円換算)
経費率0.06%
分配金(配当金)4回/年
2021/11/18 終値41.08USD
直近配当額
2021/09/20
0.7488USD
直近配当利回り
(税込)
2.71%
1年トータルリターン31.89%
シャープレシオ
1年・3年
2.9・0.71
指標:インデックスFTSE ハイディビデンド・
イールド・インデックス
設定日2006/11/16
管理(運用)会社バンガード
VYMの基本データ 

組入れ銘柄上位10銘柄および、投資セクターは、下表のとおり。

組入銘柄
上位10
 銘柄投資セクター
1JPモルガンチェース金融
2ジョンソン&ジョンソンヘルスケア
3ホームデポ株式会社 生活必需品
4バンクオブアメリカ
コーポレーション
金融
5プロクター・アンド
・ギャンブル
生活必需品
6エクソンモービルエネルギー
7ファイザーヘルスケア
8シスコシステムズIT・通信
9コムキャストサービス
10ペプシコ一般消費財
VYMの組入れ銘柄上位10銘柄
VYMセクター比率
VYM投資セクター比率 出所:バンガード社ウェブサイトデータから筆者作成
セクター割合
素材4.30%
一般消費サービス8.70%
生活必需品12.50%
エネルギー7.40%
金融23.00%
ヘルスケア12.30%
産業10.00%
テクノロジー7.30%
通信6.60%
ユーティリティ7.90%
出所:バンガード社ウェブサイト から筆者作成

【SPYD】SPDR®ポートフォリオS&P500®高配当株式ETF

SPYDは、 ステート・ストリート社が運用し、 S&P500®高配当指数と連動する運用成果を目指すETFです。
S&P500®高配当指数 は、S&P500®指数の採用銘柄のうち配当利回りが高い80銘柄の成績を元に計算する指数です。

【SPYD】の特徴

  • 79銘柄に分散投資している➡3本中では中間
  • 経費率0.07%➡3本中では中間
  • 配当利回り(分配金利回り)が3本中最高SPYD>HDV>VYM
  • 投資セクター➡金融18.54%が最大で,公益事業17%と不動産セクター17%の比率が高い
  • 上位10銘柄は、略金融セクターが占める
  • 2015年から運用➡3本中では最短運用期間

【SPYD】SPDR®ポートフォリオS&P500®高配当株式ETF の基本データは、下表の通り。

ファンド名SPDR®ポートフォリオ
S&P500®高配当株式ETF
上場市場NYSE Arca
TICKERSPYD
銘柄数79
純資産総額
2021/11/18
5.178(10億USD)
約5,906億円
(114円換算)
2021/11/19終値40.56USD
経費0.07%
分配金(配当金)4回/年
直近配当額 ( 09/17/2021)0.386582USD
直近配当利回り(税込)3.81%
1年トータルリターン36.72%
シャープレシオ
1年・3年
2.8・0.43
指標:インデックスS&P500®高配当指数
設定日2015/10/21
管理(運用)会社ステート・
ストリート社
出所: ステート・ストリート社 ウェブサイトデータから筆者作成
組入銘柄
上位10
 銘柄セクター
1サイモンプロ
パティグループ
不動産
2コメリカ金融
3リージョンズ
フィナンシャル
コーポレーション
金融
4KeyCorp金融
5ファイザーヘルスケア
6M&Tバンクコー
ポレーション
金融
7ピープルズ
ユナイテッド
ファイナンシャル
金融
8ワンオークエネルギー
9ブロードコム情報技術
10フランクリン
リソース
金融
SPYD上位10銘柄
セクター
金融18.54%
公益事業17.02%
不動産16.89%
エネルギー12.18%
生活必需品8.25%
ヘルスケア6.20%
情報技術6.06%
素材5.83%
コミュニケー
ション・サービス
5.79%
一般消費財・
サービス
3.24%
SPYD投資セクター
SPYD投資セクター比率
SPYD投資セクター比率
出所: ステート・ストリート社 ウェブサイトデータから筆者作成

【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF

HDVは、 ブラックロック社が運用し、 モーニングスター配当フォーカス指数と連動する運用成果を目指すETFです。
モーニングスター社により算出され、米国株式市場全体の約97%を占める株式のなかで、75銘柄の高配当株式で構成される指数(配当込み)のことです。

【HDV】の特徴

  • 75銘柄に分散投資している➡3本中では最少だが、少数精鋭部隊を厳選している
  • 経費率0.08%➡3本中では最高だが、0.02%の僅差で経費率としては低コスト
  • 配当利回り➡SPYD>HDV>VYM 3本の中間
  • 投資セクター➡ヘルスケアが最大、エネルギー、生活必需品、情報・通信セクターが多い
  • 上位10銘柄➡生活に必要な商品やサービスを提供する馴染みのある銘柄が多い
  • 2011年から運用➡3本中で中間

【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF の基本データは、下表の通り。

ファンド名iシェアーズ・コア
米国高配当株 ETF
上場市場NYSE Arca
TICKERHDV
2021/11/19終値97.2USD
経費率0.08%
純資産総額
2021/11/19
7.359(10億USD)
約8,324億円
(114円換算)
分配金(配当金)4回/年
直近配当額 ( 09/17/2021)0.764133
直近配当利回り
(税込)
3.14%
シャープレシオ
1年・3年
2.3・0.43
1年トータルリターン
21.35%
指標:インデックスモーニングスター
配当フォーカス指数
設定日2011/3/31
管理(運用)会社ブラックロック社
出所:ブラックロック社ウェブサイトデータを元に筆者作成
組入銘柄
上位10
銘柄名業種
1エクソンモービルエネルギー
2AT&T 通信
3シェブロンエネルギー
4ジョンソン&
ジョンソン
ヘルスケア
5アッヴィヘルスケア
6ベライゾン通信
7プロクター・アンド
・ギャンブル
生活必需品
8メルクヘルスケア
9ブロードコム情報技術
10フィリップモリス
インターナショナル
生活必需品
HDV上位10銘柄
HDV投資セクター比率

市場価格推移を相対比較してみた

下図のグラフは、過去5年間:2016年11月を基準(ゼロ)とした場合に、2021年11月までの、市場価格の推移を表したものです。

  • VYM:赤色
  • SPYD:青色
  • HDV:オレンジ色
高配当株式ETF市場価格推移
高配当株式ETF市場価格推移
出所:Bloombergウェブサイトデータを元に筆者作成

参考情報

FIREに関心がある方に、FIRE関連本を2冊紹介します。どちらも、著者の半生と如何にしてFIREを実現したのかを描いた書籍になっています。左側が、日本のFIRE先駆者と紹介されている穂高唯希さんの著書で、右側が、米国のFIRE第一人者とされるクリスティーン・シェンさんの著書です。

FIRE関連書籍
FIRE関連書籍

とても、参考になりました、この2冊に、投資に関する実践的な内容が書かれており、何れにも、高配当ETF【VYM】についても触れられていました。

興味のある方は、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

3本のETFのなかでも、VYMが最も、コロナショック以前よりも上昇している結果となっています。SPYDとHDVは、この先、持ち直し上昇に期待できそうです。

どれを選択するかは、投資戦略次第です。資金投入の時期によって、得られるリターンも当然変化するということを考慮し、戦略を練って決定することが肝要です。

インカムゲイン(分配金・配当金のこと)とキャピタルゲイン(売買差益)を狙うなら、上昇の余地を期待してSPYD、HDVの方が、いいのではないでしょうか。

人気がある➡需要がある➡資金流入増加➡価額上昇を期待する

それとも、実績重視と、これから、まだまだ上昇を期待してVYMに投資するか?

それとも、VYMとSPYD or HDVの両方に投資するか?最終的には投資家自身の戦略と判断により決定するしかありません。

いずれにせよ、上記3本の高配当株式ETFをポートフォリオにトッピングすることは、トータルリターンを増加させるために検討の価値ありです。

以上、これらの情報が投資家の皆さんにお役に立てることを願っております。

ジュリア
ジュリア

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、また!SEE YOU!!

Amazonギフト券がもらえる!【もらえる電気】

コメント

タイトルとURLをコピーしました