【初心者サーフィン講座3】リーシュコードの選び方

サーフィン講座ロゴサーフィン@道
この記事は約4分で読めます。
サーフィン講座ロゴ

サーフィンアイテムの選び方 【リーシュコード】

初心者コース3では、リーシュコードについて深堀していきます。安全にサーフィンをやるという点で、リーシュコードは非常に重要なアイテムになりますので、リーシュコードについての知識を習得していきましょう。

リーシュコードとは、サーファーとサーフボードを繋ぐための、伸縮性のある細長い樹脂製コードのことです。

サーフィンをやっていると、ゲティングアウト(パドリングで沖にでること)中に波に巻かれることや、波に乗っているときワイプアウトするこなどで、ボードが身体から離れて流されることが度々起こります。

その際に、ボードが他のサーファーやサーフボードに接触して、負傷させたり、損傷させたりする可能性があります。そのような事故が起きないように、必ず、リーシュコードを使用しましょう。

ジュリア
ジュリア

危ないので、リーシュコードは必ず、つけてくださーい。

リーシュコードの種類

リーシュコードは、足首とサーフボードの後端部とをつなぐためのコードで、ストレートタイプとコイル状に巻かれたコイルタイプがありますが、通常、サーフィンでは、ストレートタイプを選びます

リーシュコードの直径は、波のサイズがひざ~頭ぐらいの波用で5mm~7mm、それ以上のオーバーヘッドサイズ、さらに大きな波用に、直径8~11mmなどがラインナップされています。

波の圧力は想像より遥かに強く、崩れ落ちる波をまともに食らってしまった場合、簡単にサーフボードが、真っ二つに折れてしまうぐらいの衝撃があります。

カイ
カイ

実際に真っ二つになった瞬間を目撃したことあるよ。波のパワーは半端ないね。

長さとしては、短い5フィート(約1.5m)~長めの12フィート(約3.7m)ぐらいのものがラインナップされています。

リーシュコードの構造は、足首に巻き付けて固定するため、ベルトの終端の内側に面ファスナー(ベルクロ、マジックテープ:登録商標)が取り付けられており、ベルトの外側にコードが、接続されており、スイベルで回転可能に接続されているものと、回転しない固定タイプものがあります。

サーフィン中に絡まってきたり、ねじれたりすることがあるので、スイベル付きの回転タイプなら、ねじれを抑制してくれますが、その分価格がUPしてしまします。

こんな感じのものです。下図が、足首に巻くベルトと、コードの接続部にスイベルジョイントになっいる。(スポンサーリンク)

リーシュコードの選び方

では、どのように選択すればよいのか?選択する際に条件としては、サーフボードの長さと、波のサイズを考慮する必要があります。

基本的には、サーフボードの長さに比例して、リーシュコードも長いものを選択する。

波のサイズに比例して、リーシュコードの直径も太いものを選択することになります。ただし、太くなると、それに従い、水の抵抗が大きくなり、パドリングに影響してきます。また、長さも同様の傾向があります。

安全性を考慮して、波のサイズが大きなときは、リーシュコードは太いも:7mm以上のをお勧めします。ワイプアウトした時に衝撃でリーシュコードが切れることがあります。ボードの長さ、波のサイズとリーシュコードをまとめたものが下表です。

リーシュコード長さ・直径ショートボードファンボードロングボード
波:ひざ腰長さ:6~7ft:直径:6~7mm長さ:7~8ft:直径:7~8mm長さ:9~10ft:直径:7~8mm
波:頭ぐらいまで長さ:6~7ft:直径:6~7mm長さ:7~8ft:直径:7~8mm長さ:9~10ft:直径:7~8mm
波:オーバーヘッド以上長さ:6~7ft:直径:7mm以上長さ:7~8ft:直径:8mm以上長さ:9~10ft:直径:8mm以上

上表を目安として、自分のサーフボードの長さ、重量、波のサイズによって、検討してみましょう。数種類用意しておいた方がいいと思いますが、ビギナーサファーであれば、オーバーヘッドサイズ時は、海に入ることはないと思いますので、1種類あればよいと思います。参考にしてみてください。

以上、初心者コース3:リーシュコードについてはここまでになります。

この表には、記載していませんが、コンペティター用というものもあります。これは、サーフィンの大会用で、直径が5mm程度の細いもので、水の抵抗がより小さく抑えられるようになっており、強度的には細い分小さくなりますので、普段使うものとしては、避けた方が良いしょう。購入する際は、注意が必要です。

お疲れ様でした。まったきってねー💛。

コメント

タイトルとURLをコピーしました