テンバガー株(10倍株)の特徴と見つけ方!&2022年以降のテンバガー株候補20選

スポンサーリンク
投資道
UnsplashSpaceXが撮影した写真
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
ジュリア
ジュリア

最近よく ”テンバガー株” って耳にするけど、

テンバガー株ってなんすか?

ケイ
ケイ

そう言えば、テンバガー株って、

ニュースや投資本でも見聞きするよね。

その正体調べ上げたから、密かに教えるよ。

たぶん、ジュリアの大好物だと思うよ!

ジュリア
ジュリア

早く、その正体を教えて~~~。

絶対に秘密にしておくから。

スポンサーリンク

テンバガー株とは

テンバガー株とは、その名が示す通り、10倍以上に株価が上昇した株式銘柄、または、10倍以上の上昇が見込まれる銘柄のことです。

元々は、ベースボール用語の、バガー(塁打)から由来していて、あり得ないほどに株価が、上昇した銘柄、または、上昇見込みのある銘柄のことを指しています。

テンバガー(Ten-bagger)株とは、

日本語で言うよころの、大化け株のことだね。

ジュリア
ジュリア

要は、大化け株のことだったのね。

確かに、それ大好物だわー。

ケイ
ケイ

じゃー、次にそのテンバガー株の特徴を見てみよう。

テンバガー株の特徴

では、直近過去5年間で株価の上昇倍率が高かったテンバガー株30銘柄から、その共通点を洗い出して簡単にまとめてみると、下記のような特徴があることがわかります。ただし、日本市場に上場している銘柄においての特徴です。

直近過去5年間のテンバガー株の特徴
  1. 時価総額が100億円以下の銘柄 
  2. 東証プライム市場に上場している銘柄が多い➡次いで、スタンダード、グロース(旧東証マザーズやジャスダック)※図1参照
  3. 業種別では、サービス業、情報・通信業が多い
  4. 当初の株価が1,000円以下、特に500円以下の銘柄が多い
  5. 当初PBRが低かった割安銘柄 ➡PBR<1 (PBRが1未満だと割安)
  6. 経常増益率がプラス➡できれば+10%以上が継続している
  7. 最終利益変化率がプラス➡できれば10%以上が継続している

10倍以上に大化けするのだから、これらの特徴は、当然と言えば、当然のことかもしれません。

しかし、旧マザーズや旧ジャスダック市場に上場している、いわゆる、ベンチャー企業の方が、株価の伸びしろが大きいため、テンバガー株になると予想していたが、意外な結果でありました。

では、過去直近5年間のテンバガー株につて、その銘柄を具体的に見ていくとしましょう。

この特徴を知ることで、将来的テンバガー株の候補をあぶりだすことができるのではないかと考えているところです。

ジュリア
ジュリア

いいね、いいね!

おもしろくなってきたね。

直近5年間のテンバガー株式銘柄一覧と特徴

では、実際の直近過去5年間(2017年~2022年)でのテンバガー株(10倍以上株価上昇)となった銘柄を見ていきます。

テンバガー株の株価上昇倍率が高かった上位30銘柄(順不同)

下表は、株価の上昇倍率が10倍以上になった、(例えば:株価100円であったものが1,000円以上に上昇した銘柄)上昇倍率が高かった30銘柄をピックアップしたリストです。

直近5年間のテンバガー株リスト

コード銘柄上場市場業種
3856Abalance(3856) 東証スタンダード 電気機器
3906ALBERT(3906) 東証グロース情報・通信業
4477BASE(4477) 東証グロース情報・通信業
2158FRONTEO(2158) 東証グロース サービス業
7078INCLUSIVE(インクルーシブ)(7078) 東証グロースサービス業
4308Jストリーム(4308) 東証グロース情報・通信業
3697SHIFT(3697) 東証プライム 情報・通信業
6035アイ・アールジャパンホールディングス(6035) 東証プライム サービス業
1407ウエストホールディングス(1407) 東証スタンダード 建設
9820エムティジェネックス(9820) 東証スタンダード 不動産業
3936グローバルウェイ(3936) 東証グロース 情報・通信業
2150ケアネット(2150) 東証グロースサービス業
7816スノーピーク(7816) 東証プライム その他製品
3998すららネット(3998) 東証グロース情報・通信業
6338タカトリ(6338) 東証スタンダード 機械
5337ダントーホールディングス(5337) 東証スタンダード ガラス・土石製品
3962チェンジ(3962) 東証プライム 情報・通信業
3377バイク王&カンパニー(3377) 東証スタンダード 卸売業
6532ベイカレント・コンサルティング(6532) 東証プライム サービス業
7033マネジメントソリューションズ(MSOL)(7033) 東証プライム サービス業
6564ミダックホールディングス(6564) 東証プライム サービス業
6095メドピア(6095) 東証プライム サービス業
3923ラクス(3923) 東証プライム 情報・通信業
6920レーザーテック(6920) 東証プライム 電気機器
9519レノバ(9519) 東証プライム 電気・ガス業
6966三井ハイテック(6966) 東証プライム 電気機器
9107川崎汽船(9107) 東証プライム 海運業
1757中小企業ホールディングス(1757) 東証スタンダード 建設
6335東京機械製作所(6335) 東証スタンダード 機械
4970東洋合成工業(4970) 東証スタンダード 化学

テンバガー株が上場している市場は?

上記の30銘柄の上場市場別の割合を調べたところ、意外にも、東証プライム市場が一番多いことが分かった。次いで、東証スタンダード、東証グロースとなりました。(図をタップ,クリックで拡大可能)

図1.直近5年間のテンバガー株の上場市場別割合
出所:筆者作成

これは、2022年4月に東証市場が、再編した時期と重なっていることから、今後のテンバガー株の候補を検討する上で、あまり参考にならないかもしれません。

ただ、東証プライム、スタンダード、グロースのどの市場からもテンバガー株が、生まれていることは間違いなさそうです。

チェックポイント

テンバガー株は、上場市場との相関関係は小さい:気にしなくてよい 

テンバガー株はどの業種に多いのか?

では次に、テンバガー株が属している業種は、どうでしょうか?

どの業種が多かったのかを調べてみました。

その業種別割合を円グラフで表わしたものが、図2になります。

(図をタップ,クリックで拡大可能)

図2.テンバガー株の業種別割合  出所:筆者作成
テンバガー株の業種別割合

1位,2位:サービス業 ,情報・通信業・・・27%

3位:電気機器   ・・・・・・・・・・・10%

4位,5位:機械業 , 建設業・・・・・・・・7%

チェックポイント

業種別でみた場合、テンバガー株は、サービス業、および、情報・通信業の業種が多い

テンバガー株の見つけ方:スクリーニング条件

では、以上のことを考慮したスクリーニング条件で、将来的なテンバガー株候補をあぶりだしてみようと思います。

上記で見てきたテンバガー株の特徴以外にも、そもそも、会社が儲かっていること、フリーキャッシュがプラスであることなどの観点も考慮して、スクリーニング条件を設定しました。

ここでは、M&Aで買収されたことをきっかけに、株価が急騰するなどの例外的なキッカケを除外します。スクリーニング条件は以下の通り設定しました。

スクリーニング条件

市場:全市場、 業種:情報・通信業・サービス業、 終値:1000円以下、 時価総額:100億以下、 PBR:1倍以下、 経常増益率:10%以上、 最終利益変化率:10%以上

今回は、traders web さんのスクリーニング機能を利用させて頂きました。

無料で利用できるスクリーニング機能が秀逸のウェブサイトですね。

https://www.traders.co.jp/market_jp/screening
ジュリア
ジュリア

そうなのー。で、結果は?

スクリーニングでリストアップした テンバガー株候補20選!

上記のスクリーニング条件で、絞り込んだ結果、リストアップされた銘柄リストは、これです。

結果は、18銘柄がヒットしました。あくまでも、2022年11月4日時点でスクリーンした結果です。

コード銘柄名市場業種終値時価総額PBR経常増益率最終利益変化率
2341アルバイトタイ東Sサービス業13844億0.85倍483.30%61.50%
2408KG情報東Sサービス業35927億0.47倍675.80%
354.20%
2411ゲンダイAG東S情報・通信業32945億0.95倍27.80%
29.60%
2449プラップJ東Sサービス業96845億0.90倍24.70%
110.20%

3646駅 探東G情報・通信業49834億0.98倍30.00%
66.30%
3839ODK東P情報・通信業59249億0.90倍17.90%
75.30%
3841ジーダット東S情報・通信業80131億0.97倍15.90%
59.80%
4678秀 英東Sサービス業43529億0.63倍27.80%
863.40%
4707キタック東Sサービス業26516億0.53倍355.60%
232.30%
4728トーセ東S情報・通信業76760億0.95倍18.80%
13.50%
4736日本ラッド東S情報・通信業46125億0.96倍33.30%
242.10%
4750ダイサン東Sサービス業59645億0.59倍203.80%
120.00%
6060こころNT東Sサービス業88734億0.41倍55.40%
197.70%
6074JSS東Sサービス業46219億0.73倍21.40%
150.00%
6540船 場東Sサービス業77880億0.72倍27.40%
35.10%
6555MSコンサル東Sサービス業60127億0.90倍18.80%
15.90%
7087ウイルテック東Sサービス業83053億0.76倍106.80%
179.50%
9698クレオ東S情報・通信業83271億1.00倍13.80%
21.80%

表2.2022年11月以降テンバガー株候補リスト 出所:traders web スクリーニングデータから筆者作成

条件設定やスクリーニングする時期等によっても、当然、結果が変わってきますので、自分なりの投資判断材料を追加、変更してスクリーニングすることをおすすめします。

結果を見て、情報・通信業の銘柄が少ないという印象を受けました。時期をおいて、スクリーニングすれば、また、有力な候補がヒットするかもしれません。

更に、フリーキャッシュフローがプラスであるか、キャッシュはできるだけ多く持っているに越したことはありませんので、そこらへんのチェックなども行いつつ、銘柄を絞り込むことも重要と考えます。

言うまでもありませんが、投資の最終判断は、自己責任でおねがいいたします。

では、健闘を祈ります。

メアリー
メアリー

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

またのご訪問をお待ちしております。SEE YOU!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました